新既学卒の方へ…

人と企業、今と未来をつなぐ転職サポート

03-3495-4171 weekdays from 10AM to 7PM
ENTRY FORM WEB/24h FREE

就職活動は通年採用化され、
新卒採用と中途採用は一部の大手を除き、
雇用の機会が広がっています。

就職活動カレンダー(新卒者の例)

 日本の企業は4月1日入社が一般的なので、2017年4月1日入社から逆算した学生の就職活動スケジュールを把握しましょう。

当社は面談・メール・電話によるカウンセリングで企業に書類選考から働きかけます⇒そのため内定までのスピードと確率が上がります

<就職活動で押さえておきたいポイント>

 

■自己分析

 自分が好きなこと、苦手なこと、いままで何に惹かれて進学し、何を頑張ってきたのか?自分だけで考えるのではなく、家族や友達などによる分析を聞くのも自分自身を知るうえでとてもいい機会です。これまで学んできたことや自分の歴史を振り返ることで、これから進みたい道のヒントが見えてきます。

■業界研究・企業研究

 自分がどういう仕事に向いているのか、どう働きたいのかなどの自己分析と同様に、自分の将来の就職先候補となる業界や企業への理解を深めることはとても大切です。その、志望を絞りすぎて視野や自分の可能性を狭めてしまう可能性もあります。知らなかった業界や企業も含めて多角的に長いスパンをかけて研究することが、最終的に自分にもっとも適した業界・企業を見つける近道になるかもしれません。

■インターンシップ

 早期に仕事や業界の理解を深めるためにお勧めなのはインターンシップです。インターンシップは仕事や会社の理解をしっかり深めることで、自身の適性や本当にやりたいことを見出す絶好の機会。かつては夏にインターンシップを行い、12月以降に採用活動を本格的に開始するという企業が多かったのですが、昨年から夏だけでなく、秋から冬にかけてもインターンシップを実施する企業が増えています。インターンシップ参加のチャンスが広がっているので、この機会を活用し、就職活動が本格的に始まるまでに自分の適性や社会に対する理解を深め、準備を整えてみてはいかがでしょう。

 

■就職サイト(ID/PW取得)

 コーポレートサイトは主に顧客向けの情報ですが、採用サイトは就活生に向けた情報が記載されています。エントリー期日を知らず、気がついたら応募できなくなっていたという事態を避けるためにも登録を済ませておくことが重要です。中には先輩社員のメッセージや1日のスケジュールなど、就業後のイメージを膨らませるうえで貴重な内容が書かれていることもあるでしょう。もちろん、選考内容や採用スケジュール、募集職種など、就活自体に関わる情報も得られます。


エントリーフォーム 企業のご担当の方 企業紹介 日本の労働市場 職域紹介 就職活動カレンダー お問い合わせ個人情報保護方針