新既学卒の方へ…

人と企業、今と未来をつなぐ転職サポート

 

03-3495-4171 weekdays from 10AM to 7PM
ENTRY FORM WEB/24h FREE

日本経済(特に中小企業)は
若い労働力を必要としています!

 日本の経済を支えていのは中小企業であると言える実情の中で、新卒者(特に四大)の傾向は大手志向がいまだに強いのです。日本経済を支えている中小企業に活躍のフィールドは拡がっています。
 就職内定の現実を見ると、大卒就職希望者42万3000人のうち31万7000人(75%)は内定したが、大手には2倍の応募者が殺到したのに対し、中小は26万人の採用枠に8万人弱(30%)しか内定していないという現状です。中小企業は内定率の上がらない現状を踏まえ、労働環境を整備し、職域の幅や仕事のチャンスを広げる努力を積極的に行い、大手にはない仕事の魅力を打ち出している企業も増えています。

 あなたが学校で学んできたことを活かすフィールドは、実はもっと広がっているのです。日本で働くことの視野を、日本の労働人口や経済動向という長期的な視点で考えて、あなたの個性や能力にふさわしい企業を見つけて欲しいと考えています。


<日本の労働市場>

1.日本の人口の推移

 日本の人口は近年横ばいであり、人口減少局面を迎えています。2060年には総人口が9000万人を割り込み、高齢化率は40%近い水準になると推計されています。同時に、15〜64歳の生産年齢人口も減少し日本の労働力の低下が大きな問題となっていき、労働力を海外へとシフトしていく動きが既に始まっています。つまり、日本に留学している学生たちの活躍の場は今後さらに増えていくと考えられます。

2.内定者数の内訳

★専門・短大総数は、少子高齢化が学校経営に影響で大学へ衣替えのため減少傾向

※大学総数 686校→782校(平成15年〜25年)

※短大総数 541校→359校(平成15年〜25年)

★大学の内定率は、大学数の増加もあり大学生の質の低下や大手志向によるミスマッチのため、内定率が上がらない!

■日本企業のプロフィール

法人数は588万6000社。7900万人を雇用。

■内訳は・・・
・社員数300人未満の585万9000社で(99.5%)5842万人を雇用
・大手が809万人を雇用(ここに大学生が殺到する)
・派遣が1545万を雇用(※平成21年厚労省 労働人口は8196万人)

エントリーフォーム 企業のご担当の方 企業紹介 日本の労働市場 職域紹介 就職活動カレンダー お問い合わせ個人情報保護方針